2018年3月4日日曜日

火口周辺立ち入り規制とメキシコの小咄。


 先月28日、3年半ぶりに火口見学が再開したのでよかったなーと思っていたら、今月に入って阿蘇の火山活動の活発化した模様で、昨日3日ぶりに火口周辺1㎞の立ち入り規制を再開しました。して、しまいました…。




『はやい!はやいんじゃあ!!』

ナゼか千鳥のノブさんの声に変換された心の叫びが頭の中にこだましました。


永遠に規制なしの状態が続くわけはないのは百も承知でしたが、それにしても早かった。少し不思議なのは噴火警戒レベルは今のところ1のまま、みたいなんですよね。3年半ぶりオープンのお祝いムードへの忖度なんでしょうか。とにかく残念ですが、こればっかりは仕方ないです。自然のことですから一喜一憂もほどほどにしておきます。

しかしながら、その立ち入り規制がされていなかった間の唯一すっきり晴れた日に、前日のボクシングのことで大変胸糞悪い中、久しぶりに砂千里から中岳のルートを歩いてきました。




やっぱりこのコースのランドスケープは文句なくスバラシイです。旅行者のみなさんにはこれを生で見てほしい、と思いますね。また今度規制解除されてからになりますけど。


で、その前日のボクシング中継の勝利に浮かれる陣営の面々を見てふと思い出した私の思い出小咄をひとつ。

私その昔、一度メキシコの工場に会社の出張で行かせてもらったことがあるんですよね。工場に着いて軽く自己紹介なんかしつつ、10数人ぐらいの現地の方々の中で諸々の案内されてふと気が付くと置いてあったはずの私の安全靴がなくなっているんですよ。アレ、安全靴がない、おかしいなー、どこ行ったどこ行ったと探している私を見て、近くにいた現地のスタッフが冗談めかして一言。

『Welcome to Mexico!』

“メキシコ”、じゃなくて“メヒコ”です。周囲でどっ、と笑いが起きました。意味わかりますかね。結局安全靴はどっかからすぐ出てきたんですが、例えば電車で何かもの置き忘れてきても結構な確率でだれかに持っていかれることもなく終着駅に保管されている国と、その辺に物を置き忘れると必ず誰かに持っていかれてしまうものだと皆が当たり前のように認識している国の違い。こんな国に住むのはストレスだろうなー、と思ったものです。


ボクシングの体重超過はファイトマネー全額を対戦相手に支払う、ぐらいのことをしてほしいものです。全くメキシコの恥ですよ(怒)。

2018年2月28日水曜日

火口見学再開と阿蘇ベースも再開。

ご無沙汰しております。阿蘇ベースシーズン9始まりました。と、ほぼ同時に阿蘇観光のハイライトとなる火口見学が本日から約3年半ぶりに再開となりました。長らく待ちましたが再開となるとやはり素直にうれしいですね。電車や道路などはまだまだ地震前の状態には戻りませんが、火口見学がOKになったので今年は昨年よりも多くの方が阿蘇に訪れてくれるんじゃないかと期待しています。

そしてとても気になっていた中岳、高岳登山の方ですが、こちらもどうやらほぼ規制解除のようですね。ありがたいです。
http://www.pref.kumamoto.jp/common/UploadFileOutput.ashx?c_id=3&id=10328&sub_id=39&flid=134970

ただ折角仙酔峡登山口まで降りて行っても、『仙酔峡登山口から市道仙酔峡線へのアクセスはできません(工事により全面通行止)。このため、高岳・中岳方面から仙酔峡登山口へ下山した場合は折り返す必要があります。』

などとなかなか不合理なことも書いてありました。仙酔峡登山口まで下るのがOKだけどまたせっせと登って阿蘇山西駅まで帰れと。たしかに仙酔峡登山口まで道路の復旧がまだされていなくて車では行けませんけど歩くのは…。おっとやめておこう。大人の世界には建前ってものがありますからね。
また、火口東展望所ルートは進入禁止になっていて、なんか知らない迂回ルートが出来ていますね。今度また行ってみます。


とにかく明るい話題の多い今日この頃、冬休みを終え阿蘇ベースも再開しました。みなさま、今シーズンもぼちぼちがんばりますので何卒よろしくお願い申し上げます。

2018年1月1日月曜日

あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。

阿蘇ベースは1月5日から冬季休業に入ります。しばらくお休みさせていただきまして、2月26日に再開します。本年もまた、少しずつでも阿蘇ベースを改善させていけるようぼちぼちがんばっていきますので、みなさまどうぞよろしくお願い致します。

みなさまの一年が素晴らしい一年になりますように。