2017年2月24日金曜日

インド旅行記⑩



 マクロードガンジからデリーへはバス1本で繋がっていました。私たちは夜行に乗りましたがこの夜行バス、夕方6時に出発して朝の6時にデリーに到着する予定だったのですが、2時間も早く到着しやがりました。こんな早朝くに到着のバスならちゃんとインドらしく12時間遅れてくればよかったのに、まだ辺りは真っ暗で半分寝ていた午前4時ごろ、乗務員さんに「着いた、降りろ。」と言われて、へ?もう着いたの?とキツネにつままれたような状態になりました。休憩もほとんど無しですっ飛ばしてるなあと思った。きっと運転手さん早く仕事終わらせて帰りたかったんでしょう。こんなところもさすがインド、様々な角度から不意打ちを食らわせてきます。




 降ろされたところはバスターミナルのはずなんですが全然バスターミナルっぽくなく、辺りもまだ全然暗いのであまり周囲の状況が見えないのですが、要するにただの広い高速道路のような道の道端でした。バスの乗務員もここがISBT(Inter State Bus Terminus)だっていうんですけど、え、ここなの?って感じです。その旅行者心理を見透かしているかのように、ここぞとばかりトゥクトゥクドライバー達がワラワラと寄ってきます。そして、「デリーの街はここから遠い。35キロある。500ルピーだ!」などとこきやがります。こいつらは悪いですよ。ここがISBT近くなら、オールドデリーで予約した今晩のホテルまで4㎞程度のはずです。相手にせずに行こうとしたらいきなり250ルピーに下がったりしました。おそらく相場の軽く5倍以上はふっかけているでしょう。ふっかけるのも2倍までにしとけや、と思いますね。やっぱりデリーの旅行者が通過しなければならないポイントにはこんな輩が多く、昨日までと違ういかにもインドの観光地らしい世界に、また戻ってきたなぁ、と気を引き締め直します。早朝にISBT(近くの道端)に到着される方はどうぞお気を付けください。






 デリーで結構驚いたエピソードをひとつご紹介しますが、インドではトゥクトゥクに乗る際、まず料金交渉の必要がありますよね。大事なのはおおよその相場を知っていることなのですが、人に聞いたり何回か乗ってみるうちに、だいたいのところは分かってきます。私は基本的にはガツガツと声をかけてくるドライバーはなるべく相手にせず、停まっているドライバーに値段を聞くときが多く、聞いてみると、おそらくの相場から1.5倍から2倍位の値段を言ってくるドライバーがやはり多いでしょうか。私はさすがにもうなかなかのおっさんなので昔ほど1020ルピーで言い争いをすることもなく、相場よりおそらく230ルピー高くらいならまあ外国人チップみたいな意味合いで良しとしてしまう時も多かったです。


 デリーで会ったそのドライバーは歩いている私たちの横を追い越すとき、他のドライバーも必ずそうするように減速しながらじっと私たちを見て、そして若干控えめに「トゥクトゥク。」と言ってきました。トゥクトゥクに乗るつもりだった我々はそのドライバーに行き先を言い、ハウマッチ?と聞きました。目的地はそこそこ遠く、おそらく相場は100ルピーくらいだろうと見積もっていたのでまずは100ルピーと言い張って、場合によっては120までなら良しとするか、くらいのつもりでした。この場合はドライバーの言い値スタートが150200ルピー辺りがまあ順当で、もしスタートから200以上ふっかけてきたら、さっさとほかのドライバーを探そうと考えていました。
そしたら彼は事も無げにこう言いました。「エイティルピー。」私は思わず「ノー、ハンドレットだ。」と言ってしまいそうになりました。交渉なしでトゥクトゥクに乗るなんて初めての経験で、デリーにもこんな正直者のドライバーもいるんだってことを知って少し驚きました。目的地に着いた私はこのチャンスに100ルピー札を渡し、「お釣りはとっときなよ。」としっかり粋がったのでした。


 また、他のあるドライバーは私が伝えた行き先を、『分かっている、みなまで言うな』とばかりに意気揚々と私たちを乗せて出発しました。目的地に近づき、私は、アレ、ここ曲がるはずなんだけどなあと思いましたが、まあ次で曲がるのかなと思って黙っていると、そこも直進してしまいました。さすがにすかさずそっちじゃない、もう過ぎた、と言うと、ああ、そうかと悪びれもせず、同車線をUターン(逆走)しようとします。私はマ、マジか?と青ざめました。なぜならその道路は交通量がすさまじく、まるでイワシの群れが泳いでいるような状態だったからです。(下の動画の大通りを逆走しました)

video

 いやもういいからここで降ろしてくれ、と言う前にあっという間に渋滞しながら向かってくる自動車、トゥクトゥク、さらには大型バスにも周りを囲まれ、もう降りたくても降りられる状況じゃありません。彼はけたたましくクラクションを鳴らし、またそれ以上に鳴らされしながら(そりゃそうだろう)、それでもギリギリのところで擦ったりぶつかったりすることなくじりじりノロノロすすみ、やがて徒歩の10倍以上の時間をかけて交差点までたどり着きなんとか無事に曲がることが出来ました。なぜ大人しく次の交差点まで行って逆走でなくUターンしないのだ、という疑問は残りますが、それも海外からのお客さんをドキドキハラハラと楽しませたいという彼なりのおもてなしなのかもしれません(そんなわけないが、確かにジェットコースターくらいのドキドキハラハラ感はあった)。





 デリーではあとは1泊してお土産買って帰るだけですが、ひとつどなたかのインドブログで拝見して興味をひかれた日本食食堂へ今回のホテルからは若干遠かったですが無理矢理行ってきました。


今日飛行機乗って日本に帰るっていう最終日に日本食かよ、とも考えましたが、日本人バックパッカーには有名なところらしく、ちょっとした話のネタにもなるかと思いまして最後日本食食べてきました。


 オクラ丼とけんちゃんカツどん丼。うーむ、おそらくこのお店はバックパッカーの元料理人けんちゃんさんがレシピを伝授したのだと予想します。正解は分かりません。インドのカレーでもよく使われるオクラを、キッコーマンのしょうゆ(←インドでは神調味料)を垂らして空気が入ってふわっとするまでよーーくかき混ぜ、あまり日本人以外は慣れていないであろうねばねばを前面に出した、このような日本人が懐かしむ味のどんぶりに仕立てるとは目の付け所が素晴らしい。これ、日本帰ったら同じように作ってみよ、と思いました。かつ丼もなかなか本格的でおいしかったです。ないものねだりなのはわかっているけど、あとは米がインドのじゃなかったらなあ。




インドなので最後まで、具体的には空港のイミグレーションを抜けるまで何かと気が抜けませんでしたが、特にトラブルもなく、無事に出国手続きが終わった時はほっとしました。



 福岡空港に着き、約一か月ぶりの日本でバスに乗って車窓から外を眺めると、まず道路のあまりのきれいさに目を見張りました。「これ、全然地べたに座れるね…。」「寝っ転がれるよ。」と周りの人が聞いたらなんだか奇妙な会話になり、また車内のあまりの静けさにはちょっとした違和感を覚えました。

 家に着いたらキキ(犬)とぎん(猫)は喜んで迎えてくれましたが、もう一匹昨年猫好きの友人が山で拾って里親を探していたので引き取った新入り猫 その友人の一文字を取って“ぐぅ”と名づけました)は1ヵ月ぶりの私たちを見て『だ、誰?』って感じで逃げ回りました。でもしばらくしたら思い出してくれたようで、その夜にはこうなりました







という訳で、ダラダラと書いてきましたインド話、とりあえずここまでで一旦区切ります。やっぱりインドはいろいろな面で日本とあまりにも違い過ぎて刺激が強い国ですね。 “ヒートショック”という言葉がありますが、中には“インドショック”から、帰国後の生活がずいぶんと違った方向に向かってしまう人もいるようなので、これからインドに行かれる若い方は少し注意が必要かもしれません。まあ実際のところ、そうなったらそうなったで逆に面白いんじゃないかと思いますけどね。

今回私たちは期待というか予想通り、“バケーション”要素はかなり控えめで、この年で久しぶりに“旅”っぽい旅行だったように感じるのは、やはりインドという国のおかげだと思います。奥さんも、なにかと「インドはなかなかすごかったなー。」と満足気(?)です。

インドという国は好きか嫌いかはっきり分かれる国だとよく言われますが、私は好きか嫌いかと聞かれたら、結構迷います。広いですからバラエティ豊かなたくさんの見所がありますし、バスや電車など交通機関も全土に張り巡らされており、慣れないと疲れることは疲れますが決して旅行し難い国ではないと思います。
ただやはり、どうしてもインドと下痢はセットになりますからねえ…。


それでもうーん、どっちかって言ったら私はやっぱり好きかも。






 読んでくれたみなさまならびに留守の間猫の世話をしてくれた父、そして阿蘇ベースの長い冬休みを「仕方ないねえ。」と寛大な心でご容赦してくださる阿蘇ベースリピーターのみなさまに感謝致します。



それでは阿蘇ベース、明日から再開します!今シーズンもみなさまどうぞよろしくお願いいたします!








インドーー人ーー



みたいにーー



誰よりも図太いーー



インドーー人ーー



みたいにーー



なーによりも



したーたーかーにーーーー





ムリダムリダーー

ムリダムリダムリダーーOhーーーー












〈インド旅行記終〉

0 件のコメント:

コメントを投稿