2015年5月10日日曜日

失踪しました。

ゴールデンウィーク後にぎん(猫)の不妊手術に行くことは決めてました。予約して来週(というかすでに今週)には行くつもりでした。

そんな矢先、ぎんが失踪しました…。



今思うと発情期が来ていたんじゃないかと思います。はく(もう一匹のウチの猫)とは違ってぎんはほぼ室内飼いでしたがちょっとずつ外にも慣れさせていて、外に出してもだいたい家の周りをチョロチョロしているだけでした。今までに1回だけ昼間いなくなり夜遅くに帰ってきたことがあって、その時は大変心配しましたが、ちゃんと夜には帰ってくるんだという自信にもなりました。




ところが今回、失踪1日目の夜にも帰って来ません。もちろん周辺を名前を呼びながらいろいろ探しましたが出てきません。2日目も帰って来ません。ネットで猫、失踪などと検索してみると、発情期にありがちだとかそのまま野良になる場合もあるとか言ってる人もいます。よく考えてみると、はくが突然降ってわいたようにウチに現れたときも同じような状況だった可能性が高いんじゃないかと思えます。

事故などの可能性も脳裏をかすめましたが、これはひょっとしてもう帰り道が分からなくなっているのかもしれない、と考え、3日経って帰ってこなかったらチラシを配ろうとせっせと作りました。





翌日そのチラシを配ろうとした夜…、発見、捕獲。


近所で名前を呼びながら探していると、ニャニャニャとか言いながら出てきました。何がニャニャニャだ、バカぎんめ(嬉)。これ全部ラミネートまでしちゃったっつーの。



ちょうどぎん失踪中に読んでいた本、ダライ・ラマ自伝でダライ・ラマ法王がこんなことを仰ってました。

“これまでの経験でいえば、どれほど至れり尽くせりに面倒を見てもらってるペットでさえ、機会があれば逃げ出したがっているようである。これは、自由への願望はあらゆる生物にとって根源的なものだ、という持論をいっそう強めてくれるものだ。”


…でも自由って厳しいもんです。


今週不妊手術します。それまで外に出しません。



おまけ。若島津ぎんの手刀ディフェンス(古いか…)。

video

2015年5月7日木曜日

ゴールデンウィークを過ぎて。


ゴールデンウィークがそこそこ無事に終了しまして少しほっとしているところでこんばんは。連休中は多くのゲストさんに来ていただきまして大変ありがとうございました。特に5月2,3日あたりは当日まで何件も宿泊のお問い合わせ電話をお断りしなければならなくてすみませんでした。泊まれなかったみなさまも残念だったでしょうが、私達も残念でした。

毎年ゴールデンウィークという休暇の在り方には文句を言ってますが、今年はたまには気分を変えてゴールデンウィークのいいところを挙げてみようと思います。

・たいがいの観光地がにぎやかで寂しさがない。
・休みが皆と同じなので友人などと一緒に遊びに行くことができる。
・みんな休んでいるという安心感がある。
・おそらく休ませる側としてはみんな一緒のほうが都合がいいのかもしれない。

いかがでしょうか。私はどうしてもあのよく知られている民族性ジョークを思い出してしまいます。

----------------------------------------------

様々な民族の人が乗った豪華客船が沈没しそうになる。船長は速やかに船から脱出して海に飛び込むように指示しなければならなかった。

アメリカ人「飛び込めば貴方はヒーローですよ。」
イギリス人「こういうときにこそ紳士は海に飛び込むものです。」
ドイツ人「規則ですから飛び込んでください。」
イタリア人「飛び込むと女性にもてますよ。」
フランス人「飛び込まないでください。」

日本人「みなさん飛び込んでいますよ。」

-----------------------------------------------

誰が考えたのか知りませんが、なかなか辛辣に小馬鹿にされているジョークな気がします。だけど悔しいことに大変納得もしてしまいます。このゴールデンウィークという制度は日本人の国民性が全く影響してないとは言えないでしょう。

海外の方と毎年休暇が何日あるのかという話になるとうまく話がかみ合わないときがあります。

なぜなら多くの海外の会社勤めの方はホリデーとして3週間とか4週間あるよと言えるのですが、日本では感覚的に国民の祝日が主なホリデーで、有給休暇は風邪引いた時に使ったり、実際のことろ会社によってはあまり取れなかったりするので、旅行に行くようなホリデーが何日あるとはなかなか何日、とはっきり答えられなかったりするからです。

日本にも当然いいところはいっぱいありますが、個人的には休暇の取り方に関しては海外を見習って変わっていってほしいです。


阿蘇は新緑のシーズン。もうすでに結構緑色ですが、これからまた一気に緑に変わります。今年は火山灰もフリカケられそうですのでなにか新しい色の阿蘇が見られるかもしれません。また時間を作ってふらふら歩いてみようと思います。皆さんもぜひどうぞ。