2018年5月14日月曜日

ジェット機級。


将棋の藤井聡太棋士が連戦連勝で日本列島をざわつかせていた頃、高野秀行六段という滅茶苦茶面白い本を書くノンフィクション辺境作家さんと同姓同名の棋士の方が、藤井さんについて大変秀逸な形容をされていました。

『性能のいいマシンが参戦するらしいと聞いて、ベンツかな?フェラーリかな?と想像していたら、ジェット機が来た。』

私もゆとり世代がなんだかんだと言いがちなおっさんですが、最近の若いプロスポーツ選手で、このジェット機クラスと思しき人達がチラホラ出現していて、おっさんの私もワクワクしています。

野球には基本的にほとんど関心のない私ですが、やはり大谷翔平選手の試合結果はとても気になりますし、野球界での彼の存在は、ほとんどジェット機級と言えるのではないでしょうか。

ショーヘイ界でも元祖プレイボーイと言われた火野ショーヘイ氏、東洋の巨人と言われた馬場ショーヘイ(ジャイアント馬場)氏を抜き去り、現在のキングオブショーヘイ、ショウヘイヘーイでお馴染み笑福亭ショーヘイ氏をも凌ぐ勢いです。



ある記者の方が大谷選手に聞きました。

「変なこと聞かれて、イラッとすることはないの?」
当時20歳だった彼の返答が、

「イラッときたら、負けだと思ってるんで。」

少し前のヤフーニュースで読んだ大谷選手の人となりを表すエピソードです。これを読んだ私は大変感心するとともに少し落ち込みました。時間だけは彼の倍ほども長く生きている私が、未だにどんだけ負け続けているのだ、と。
天は二物を与えず、といいますが大谷選手に関しては二物も三物も与えられている印象です。ド凡人の私にもせめて一物くらいは、…あっ、ありました(←下ネタ)。とにかく世界は不公平で残酷なものなのです。



大谷選手の他にもボクシングの井上尚弥選手は間違いなくジェット機級でしょう。ボクシングは小学生の頃からテレビで放送する限りは見ていますが、歴代の日本人世界王者の中でもダントツ一番でスケールの大きさを感じます。今月の試合に勝てば、各団体の世界王者が集うトーナメント形式の大会にも参戦が予定されているとかでワクワクが止まりません。

また、RIZINなどで活躍中のキックの那須川天心選手も前述の二選手に比べると世界的な知名度ははまだまだだと思いますが、ジェット機クラスの若者じゃないかと期待しています。コナーマクレガー選手のように世界でのし上がって一試合何億と稼ぐ選手になっていってほしいです。


あとはサッカー選手でジェット機クラスのプレイヤーがでてきてくれればうれしいんですけどねえ。


それと遅くなりましたが、ゴールデンウィーク中は一週間近く満室に近いゲストさんに来ていただき、ありがとうございました。例年ゴールデンウィーク後に少しの間パッタリ予約がなく、ほっと脱力する期間がありがちなのですが、火口見学再開の影響もあるのでしょう、そこまでパッタリすることもなくそれなりに多くのゲストさんに来ていただいてます。
おかげさまでなかなか脱力はできないですが、ありがたいです。ブログ更新は稀になってしまってますが、ぼちぼちがんばって営業してますので今後とも阿蘇ベースをどうぞよろしくお願いします。

2018年4月23日月曜日

火口見学再開。

火口見学再開しましたー、とここで言おうと待ち構えていたらいつの間にかゴールデンウィーク間近までなってしまってました。ゴールデンウィークへの忖度、ってなことはないでしょうが、ようやく明日からの火口見学再開が決まったようです。

ただ噴火警戒レベルと不整合だった3月あたまからの今回の火口周辺の封鎖は、私などが傍から見ていると、どうしても各機関の足並みがそろっていないちぐはぐな印象を受けます。

今回は孤立型微動の回数が増えたのである機関が念の為立ち入り禁止を決定。一方噴火警戒レベルを定める機関は直ちに噴火の兆候はない、よって噴火警戒レベルは1のまま、という見解。火山活動活発化の兆候があり、噴火警戒レベルを1から2に上げた、よって火口周辺立ち入り禁止、が本来の順序であるべきかと思うのですが。



さて、お久しぶりのブログ更新なので世間でもいろいろ気になることも起こりましたが、阿蘇ベース周辺でもまいったなあということがふたつ、現在進行形で起きています。


ひとつは全国ニュースにも出たそうなのでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、阿蘇ベースすぐ近くのナイスな温泉、夢の湯さんの建物が損壊してしまい、しばらく休業されていることです。こちらも今のところいつ再開されるかわからない状況のようですね。なるべく早い再開を期待しています。

因みに阿蘇ベースから他にも歩ける距離ではもう一軒だけ温泉がありまして、ビラパークホテルさん館内のゆらりさんのという温泉なのですが、そちらの割引券も販売しておりますので温泉のご利用は可能です。


もうひとつは、正月を除き年中無休24時間営業の熊本の大定番チェーン店、弁当のヒライさんがリニューアルで完全に建物を新しく建て替える為、現在閉店中で再オープンがどうやら7月上旬になるとのことです。

基本的に阿蘇駅周辺には食事するところがそれほど多くは無く、営業時間も夜は比較的早く閉まってしまう中で唯一、年中無休24時間営業のヒライさんは阿蘇ベースのお客さんにとって、いつでもどんなときでも空いている安心と信頼の阿蘇駅周辺食の最後の砦的なポジションでした。

先日ある海外のゲストさんがここ(地図を指さして)やってなかったよ、なんか店を壊してたよと教えてくれた時は、いやあの最後の砦、ヒライさんに限ってそんなことはないだろうと思いながら一応電話で確認してみるとリニューアルされるとのことでした。まあお店が新しくなるのは大変いいことなのですが、それまで阿蘇ベースのゲストさんたちは遅めの夜に何を食べればいいのか、若干途方に暮れています。まああと2か月ちょっとの辛抱ですが、"How do I live without you~"という歌の歌詞が頭の中で再生されました。

一応言っておきますが、24時間営業のコンビニは阿蘇ベースのすぐ横にありますので、ご安心ください。



そんなこんながありながらゴールデンウィークに向かう阿蘇ベースです。阿蘇ベースの予約の入り具合では5月3、4日辺りがピークでしょうかね。他の日はまだぽつぽつと空きがありますし、キャンセルもあるでしょう。予約サイトではそれらのベッドなり部屋なりを販売してないので、まだゴールデンウィークの予定を決めていない方はこちらに直接メールなり電話なりで問い合わせてみてください。

というわけで、ゴールデンウィークに向けて(祝)火口見学再開でーす。

2018年3月4日日曜日

火口周辺立ち入り規制とメキシコの小咄。


 先月28日、3年半ぶりに火口見学が再開したのでよかったなーと思っていたら、今月に入って阿蘇の火山活動の活発化した模様で、昨日3日ぶりに火口周辺1㎞の立ち入り規制を再開しました。して、しまいました…。




『はやい!はやいんじゃあ!!』

ナゼか千鳥のノブさんの声に変換された心の叫びが頭の中にこだましました。


永遠に規制なしの状態が続くわけはないのは百も承知でしたが、それにしても早かった。少し不思議なのは噴火警戒レベルは今のところ1のまま、みたいなんですよね。3年半ぶりオープンのお祝いムードへの忖度なんでしょうか。とにかく残念ですが、こればっかりは仕方ないです。自然のことですから一喜一憂もほどほどにしておきます。

しかしながら、その立ち入り規制がされていなかった間の唯一すっきり晴れた日に、前日のボクシングのことで大変胸糞悪い中、久しぶりに砂千里から中岳のルートを歩いてきました。




やっぱりこのコースのランドスケープは文句なくスバラシイです。旅行者のみなさんにはこれを生で見てほしい、と思いますね。また今度規制解除されてからになりますけど。


で、その前日のボクシング中継の勝利に浮かれる陣営の面々を見てふと思い出した私の思い出小咄をひとつ。

私その昔、一度メキシコの工場に会社の出張で行かせてもらったことがあるんですよね。工場に着いて軽く自己紹介なんかしつつ、10数人ぐらいの現地の方々の中で諸々の案内されてふと気が付くと置いてあったはずの私の安全靴がなくなっているんですよ。アレ、安全靴がない、おかしいなー、どこ行ったどこ行ったと探している私を見て、近くにいた現地のスタッフが冗談めかして一言。

『Welcome to Mexico!』

“メキシコ”、じゃなくて“メヒコ”です。周囲でどっ、と笑いが起きました。意味わかりますかね。結局安全靴はどっかからすぐ出てきたんですが、例えば電車で何かもの置き忘れてきても結構な確率でだれかに持っていかれることもなく終着駅に保管されている国と、その辺に物を置き忘れると必ず誰かに持っていかれてしまうものだと皆が当たり前のように認識している国の違い。こんな国に住むのはストレスだろうなー、と思ったものです。


ボクシングの体重超過はファイトマネー全額を対戦相手に支払う、ぐらいのことをしてほしいものです。全くメキシコの恥ですよ(怒)。

2018年2月28日水曜日

火口見学再開と阿蘇ベースも再開。

ご無沙汰しております。阿蘇ベースシーズン9始まりました。と、ほぼ同時に阿蘇観光のハイライトとなる火口見学が本日から約3年半ぶりに再開となりました。長らく待ちましたが再開となるとやはり素直にうれしいですね。電車や道路などはまだまだ地震前の状態には戻りませんが、火口見学がOKになったので今年は昨年よりも多くの方が阿蘇に訪れてくれるんじゃないかと期待しています。

そしてとても気になっていた中岳、高岳登山の方ですが、こちらもどうやらほぼ規制解除のようですね。ありがたいです。
http://www.pref.kumamoto.jp/common/UploadFileOutput.ashx?c_id=3&id=10328&sub_id=39&flid=134970

ただ折角仙酔峡登山口まで降りて行っても、『仙酔峡登山口から市道仙酔峡線へのアクセスはできません(工事により全面通行止)。このため、高岳・中岳方面から仙酔峡登山口へ下山した場合は折り返す必要があります。』

などとなかなか不合理なことも書いてありました。仙酔峡登山口まで下るのがOKだけどまたせっせと登って阿蘇山西駅まで帰れと。たしかに仙酔峡登山口まで道路の復旧がまだされていなくて車では行けませんけど歩くのは…。おっとやめておこう。大人の世界には建前ってものがありますからね。
また、火口東展望所ルートは進入禁止になっていて、なんか知らない迂回ルートが出来ていますね。今度また行ってみます。


とにかく明るい話題の多い今日この頃、冬休みを終え阿蘇ベースも再開しました。みなさま、今シーズンもぼちぼちがんばりますので何卒よろしくお願い申し上げます。

2018年1月1日月曜日

あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。

阿蘇ベースは1月5日から冬季休業に入ります。しばらくお休みさせていただきまして、2月26日に再開します。本年もまた、少しずつでも阿蘇ベースを改善させていけるようぼちぼちがんばっていきますので、みなさまどうぞよろしくお願い致します。

みなさまの一年が素晴らしい一年になりますように。


2017年12月28日木曜日

今年もありがとうございました。

今年もほぼ終わりですが、例年に漏れずあっという間でした。
個人としては迷いの多い、若干悶々とした印象のある年だった気がしていますが、大きな事件事故もなく、それなりに平和な日々だったと思います。阿蘇ベースとしましては、阿蘇観光が様々な面で手薄な状況であるという逆風に対しての外国人旅行者の増加という追い風があり、あれほどの災害の翌年ということを考慮すると、思ったよりゲストさんに来ていただきました。今年は特に韓国の方の増加が目立ちましたでしょうか。来ていただいたみなさま、大変ありがたく思っております。ありがとうございました。

来年には火口の火山ガス検知器が復旧するらしく、一応三月くらいから火口見学が出来るようになるとのことを聞いておりますので、それはかなり明るいニュースです。なんか最近噴煙が多くなってきたような気もしますので、火口見学再開に合わせて噴火警戒レベルが上がったりしないことを祈ってます。



先日保護した子猫なんですが、誰かもらってくれまいか、と声をかけられるところにはかけましたが、誰も欲しいという方がおらず、まだウチにいます。名無しでは不便なので名前も付けました。私は『からし』を押していましたが、奥さんの大反対で結局『むぎ』と名付けることにしました。飼う動物として初めてのオスなのでどんなもんかと心配しましたが、寝そべっていると遠慮せず胸とか首辺りに乗りたがりる結構な甘えん坊で、それは私としては全然ウェルカムなのですが、肛門やら玉袋辺りが大迫力で顔面に迫りくるので危険でもあります。

シャイなおっとりタイプの先住ねこ『ぐぅ』はむぎを拾った初日こそ怒りまくっていましたが(はじめてぐぅから顔に北斗百裂拳のような猫パンチ連打食らいました)、すぐ慣れて、3日目にはその子猫をペロペロ舐めていました。今ではすっかり仲良しで、真夜中の運動会は恒例です。半外飼いでワイルドなツンデレタイプのもう一匹の先住ねこ『ぎん』は、まだまだ顔を合わせる度にシャーシャー威嚇します。彼女はまだしばらく時間が掛かりそうです。

先住犬のキキにはようやく最近むぎを近づけても、むぎがシャーシャーしたりパンチしたりしなくなってきました。

要するに、すでにウチのねこになってしまった感が強いです。ねこ見せてリクエストはいつでもどうぞ。




ブログはあまり書いてらんなくなってしまいましたが、何かお知らせなどある場合も出てくるかもしれませんので、来年もこのまま極細々ですが続けさせていただきます。

それではみなさまよいお年を。

2017年12月9日土曜日

臨時休業のお知らせ。

臨時休業のお知らせです。大きな改装ではありませんが、ちょっとした(でも手間がかかる)電気工事その他施設メンテを行いますので、12月11日から12月17日まで休館させていただきます。12月に入りかなり寒いですし、雪も降りましたし、ゲストさんが大変少ない時期ではありますので閉めさせていただきました。丁度その期間に予約したかったのに、という方がいらっしゃいましたら申し訳ありません。
12月18日から再開します。ご迷惑おかけしますが、ご理解の程どうぞよろしくお願い致します。